相対取引

 

相対取引とは、例えば商品などを提供する売り手側と、その商品を欲しいと思う買い手側とがあった場合に、一対一でその価格や数量などのさまざまな条件の擦り合わせを行い、それが双方によって合致した状況において交わされる取引になります。

これに対して、売り手側も買い手側にも不特定多数の人間がおり、一定の取引のための条件付けに則って、これらの人たちが一斉に取引を行うものが市場(しじょう)取引と呼ばれるものになります。

相対取引が一対一でお互いの条件の擦り合わせが行われることに対し、条件にルールを定めているために、お互いの細かな条件などをすり合わせたり、売買取引されるものに対しての状態や状況を確かめたいというような取引の場合には、相対取引のほうが向いていることになります。投資としての短期トレードは、http://www.ハイローオーストラリア.jp/かららくちんに開始できます。

こうした相対取引は、その取り扱われる価格や価値が高いものの場合によく行われる方式であり、また、わたしたちが例えばスーパーマーケットなどに行って、野菜などを買う場合にも、お店側とわたしたちとの間で相対取引が行われている事にもなります。



もちろん相対取引ですので、お店が店頭に並べている条件にたいして、例えば店員に対して値下げ交渉を行ったり、気に入らなければ違うお店に行くなどと言う選択肢が残っていることになります。

このような形の相対取引を店頭で行われる取引から、店頭取引とも呼ばれることがあり、例えば投資取引等で考えた場合には、外国の通貨の売買取引を行うFXでの投資には、こうした店頭取引で行っているものもあります。

FXは外国為替証拠金取引とも呼ばれており、FXを取り扱っている証券会社やFX取引業者を選択して取引を開始することになりますが、このFXの取り扱いには相対取引である店頭取引と、市場取引である取引所取引という二つの種類の取引方法があります。どちらが良いかはその投資家によって変わってくるので一概には言えません。

店頭取引の場合には、わたしたち投資家と、証券会社などの取引業者との間での相対取引となり、取引所取引の場合には、わたしたち投資家の投資の発注を、取引業者などが取りまとめて仲介し、外国為替市場の取引を行っている金融機関に直接流すことによって市場取引が行われることになります。人とのやり取りですので、きめの細かいアドバイスをもらえる点が利点と言えます。

この際にも、相対取引の場合は市場取引とは違い、細かな条件の設定が行えることになっており、この条件の設定がそれぞれのFX取引業者が定めている取引手数料や、スプレッドと呼ばれている通貨の売値と買値の差幅の大きさなどになっています。また忘れてはいけないのは、相対取引の場合は、戦略を細かく練ることもできます。投資なので「ぜったい」はあり得ないですが、勝つ確率を増やす・負けるときは少なく、という手法こそが攻略法で、それを実践するのが大事でしょう。

店頭取引を行っているFX業者ではこうしたところを様々に変更してわたしたち投資家に対してサービスを行うことができますが、取引所取引を行っているFX業者ではこうしたサービスが行えないという点を抱えているのです。